看護師所謂正看は、看護高等学校や看護専門学校や看護短大や大学などの養成教育を受けた後卒業すると、

看護師国家試験の受験資格を与えられます。卒業見込みの段階で国家試験を受験できることはできるのですが、

最終的にその年度で卒業できないと試験で合格していても不合格と扱われてしまいます。

国家試験に合格し、申請することにより厚生労働大臣から看護師免許が交付されることにより、看護師として活動可能となるのです。

准看護師所謂准看は、准看護師学校や看護高等学校を卒業した後、都道府県知事試験から受験資格が与えられます。

そして知事試験に合格することによって都道府県知事からの准看護師免許が与えらます。

准看護師はもともとは戦後の看護師不足に対応するための暫定的措置と言えるようです。

日本看護協会准看護師制度の廃止を希望していますが、日本医師会などの要望もなどもあり検討段階にあります。

正看護師に転職するためには、高校卒業後、法律で定められた養成所に於いて三年以上勉強した後、

国家試験受験資格を取得して、国家試験に合格して免許を交付される必要があります。

准看護師から看護師に進むこともできます。昼間なら二年間、定時制なら三年間の勉強の後、国家試験受験資格を得ることができます。

介護求人、看護師になるには、この方法しかありません。今は四年制の看護大学などがあります。

介護求人は、介護人が不足している為、多数あります。社会人を経験した後看護師を目指す方も少なくありません。介護求人には、明確な年齢制限が無ものが多いのです。