日本は急激に高齢化社会が進んでいて、もっとも人材不足が深刻な分野が介護求人の分野です。

就職難の中でも介護求人の需要は年毎に高まっています。

しかし介護の仕事を始めるためには、資格がなければ勤務できない仕事もあります。

介護関連の仕事に就職するために求められる資格のうち、特に人気の高いのがホームヘルパー2級、介護福祉士、

介護支援専門員(ケアマネージャー)です。ホームヘルパー2級は、

介護の仕事を行っていくうえで必要な基礎知識を得るために不可欠なもので、

介護の仕事を始めるには取っておいた方が良い資格です。要支援・要介護に認定された人のケアを行うのが仕事です。

デイサービスセンター、老人介護施設、老人ホームなどに勤めたり、介護を受ける人の家庭を訪問して、

身体介護を行います。主な仕事は食事・排泄・入浴・清掃の手伝いなどで、その他精神的ケアも行います。

介護福祉士はホームヘルパー2級と比べて、専門性が高く、専門知識を活かして、病院、介護施設、障害者施設などで、

精神上の障害で日常生活を送るのに困難な方の手助けも行います。

介護支援専門員は、仕事をするには、介護支援専門員の資格がなければなりません。

介護支援専門員は、要支援・要介護者それぞれに適した介護サービス計画書を作成し、

それを実施するために必要な関係機関との連絡・調整業務を行い、サービスが計画書通りに実施されているか、

改善点はないかなどを確認するのが仕事です。今後も介護求人は増えていくでしょう。