介護求人の案件も相当多いようです。それだけ介護を希望する人が多いのでしょうか。

介護求人に応募するといっても簡単に介護ができる訳ではありません。

介護に関する知識と豊富な経験がないと無理だと思います。介護するにも介護する人の気持ちがとても重要な気がします。

生半可な気持ちでいてはできないし、自分の気持ちを抑えなければいけない時も多いのではないかと思います。

介護求人に対して応募できる介護士はたりているのでしょうか。

もし、不足しているのであれば何らかの対策を国や地方自治体などで考えていかないといけないのではないでしょうか。

介護求人の基礎知識について考えてみます。基礎知識といっても一つしかなくて、

非公開の案件に好条件の仕事が多いということだけです。まずは非公開の案件を一つづつ当ってみるのがいいかもしれません。

介護士の男女の比率は、どうなのでしょうか。介護の仕事は力の必要な時が多そうなので男性の方のほうがいいのかと思いまずが、

優しさが感じられるのは女性のほうが多いかもしれません。私は男性なので介護が必要になった時は女性の方にお願いしたいと思います。

以前に家の側でお風呂を持った3人の介護士を何度か見かけましたがお風呂に入れに来ているのでしょう。

何人かで一人の介護人に対応する方法もいいかもしれません。

お互いに協力しあうことができれば気持ち的に楽に介護の仕事ができそうな気がします。

良い考えだと、思いませんか。