最近、求人情報誌や求人サイトを見ると医療・介護求人が多い事がわかります。

求人情報誌では医療・介護の特集をしたり、求人サイトでは医療・介護求人専用サイトが多数あります。

介護求人の職種について調べました。

「介護スタッフ」とは医療施設や福祉施設において身体の介護をする人の事をいい、

介護職員・ケアワーカー・ヘルパーなど呼び名もさまざまです。

主なお仕事は食事・排泄・入浴の介助や環境整備など入居者の心理的ケアも行なう。

「ホームヘルパー」とは要介護認定の高齢者や障害者のケアを行なう事をいい、

施設勤務もありますが利用者宅を訪問して日常生活に必要な家事全般のお手伝いをするのが多いお仕事です。

勤務形態も短時間の巡回型(数回/1日)と滞在型(数時間/1日)があります。

「ケアマネージャー」とは介護保険サービスを利用しようとする人と面談して利用者に適し計画書を作成したり、

関係機関との連絡・調整したり、きちんと計画通りに介護サービスが提供されているのか・

改善点はないかどうかなど利用者に確認しながら、利用者が快適にサービスを受けられるべくフォローしていくのが主なお仕事です。

「福祉サービス提供責任者」とは訪問介護施設の利用申し込みの受付・調整・ケアマネージャーとの連絡役や

訪問介護計画書作成・訪問介護員の技術指導も行ないます。

「生活相談員」とは直接の介護機会は少ないですが、利用者や家族からの相談も聞きます。

主なお仕事は、施設入所の対応・手続きのほか各種行事などの立案・預かり金の管理など

施設運営のすべてを管理するマネージャーのような役割が特徴です。

「作業療法士」とは障害のある人や今後障害が予測される人に、手先を使って行なう手作業や絵画などの創作活動や

日常生活活動を通じて、身体・心身の機能回復・維持のための能力回復訓練を行ないます。

「理学療法士」とは医師の指導をもと、起きる・立つ・歩くなどの動作能力回復のリハビリテーションをします。

これには、筋肉の強化のための運動療法と電気治療などの物理療法があります。

また「介護スタッフ」「ホームヘルパー」「福祉サービス提供責任者」はホームヘルパー2級・介護福祉士、

「ケアマネージャー」は介護支援専門員(必須)、「生活相談員」は社会福祉主事(必須)・社会福祉士、

「作業療法士」は作業療法士(必須)、「理学療法士」は理学療法士(必須)の資格が必要のようです。

これだけの職種が介護求人にはありますが、介護職に関わる人はどんな職種であっても

求められるものは利用者や家族に対する細やかな心遣いです。