介護求人の中でも看護師は他の職種と転職背景を考えた場合、看護求人の比較理由は人それぞれ違いますが、

スキルアップや資格取得を目指して収入や休日、人間関係など今より良い条件を求めて転職するケースが見られます。

大人の対応で仕事をしていても看護師はチーム医療です。

介護求人でも看護師は収入においても、自分の能力や仕事に対する対価を求めて年収アップを目指すのは自然なことです。

自然に湧いてくる年収アップへの気持ちは多くの人が介護求人で看護求人の比較を考えていることでもあります。

それは転職の理由として恥ずかしいことではありません。看護師の転職は他業種に比べて多いです。

転職回数が3回以上も珍しくない業界です。介護求人は一般的に会社員と異なる点は、

看護師の転職は非常に評価される傾向にあることです。

色々な職場や課で看護を行っていたという看護スキル、接遇スキルも同じ職場で働いている人と比較して高いのです。

何より経験と仕事の幅は転職において積み上げる事が出来るからです。

新規開業など一定の求人数の確保がされて、結婚退職した後も条件を選び、

自分にあった職場が他の職種より見つけやすいというのも看護求人の比較の大きなメリットです。

看護師は他業種と比べて転職しやすい職種です。

今や、看護師は色んな病院で人手不足しているので転職先が全くないということはありません。

介護求人は資格を持っている看護師などは一度辞めてもまた、看護師として働ける仕事の一つです。

介護求人を選択する場合には、ポイントとなる点が2つほどあると一般的に考えられています。

ではそのポイントとは具体的にはどんなポイントでしょうか。以下に、その2つのポイントについて紹介していこうと思います。

そしてこれら2つのポイントを充分に比較したうえで、介護求人は選ぶようにしたいと思います。

まず挙げられるのが、その介護求人が自分の生活のスタイルに本当に合っているかについてよく検討しておくということです。

人のために働きたい気持ちは大切な事だと思います、介護のような仕事で働きたいと思っているような人は、

その思いはさらに強いものなのでしょう。しかし例えこのような思いが強かったとしても、

就いた仕事先が自分の生活のスタイルに合っていなければ、その仕事はやはり長続きはしにくいものです。

そして次のポイントで挙げられるのが、実際にその介護施設で働いている自分の姿をしっかりと思い浮かべる事が出来るかという事です。

求人誌にはよく綺麗な職場、元気なスタッフというような職場へ多くの求人を誘うための、

うまい誘いの文章が並んでいる事があるのですが、その言葉を信じて実際に職場に行ってみると想像していたような所と全然違っていた、

という事があります。そうならないように、やはりその職場やスタッフの雰囲気を映した写真、

つまりビジュアルを事前にチェックしておくのは1つの有効な手段といえます。

またその職場で既に働いているスタッフの現場の声も、その職場の雰囲気を知るうえで助けとなることでしょう。

 

介護求人について説明します。介護職員の育成は、介護の仕事に従事する人材を確保するとともに、

介護サービスの質の向上を図ることが重要な課題となっています。しかし、介護職員については、離職率が高い、

人材確保が難しい等の状況にあり、これは介護職員の賃金が低い等の処遇の問題が一因であると考えられます。

離職率をみると、介護職員は全産業平均を上回る高水準にあります。有効求人倍率をみると、産業計では1倍を下回り、

人員過剰の状況である一方、介護職員では1倍を上回り、人員不足の状況が続いています。

賃金をみると、経験年数、平均年齢等の要素の違いがあり、単純な比較はできませんが、

介護職員の賃金水準は産業全体と比較して低い傾向にあります。介護事業所を対象に、

介護職員の不足状況に関する実態調査を見るとアンケートに回答した介護事業所の50%が、

介護職員が「不足している」「非常に不足している」と回答しています。

特に訪問介護事業所では81%が「不足している」「非常に不足している」と回答しています。

介護職員の不足は「応募が来ない」ことが主要因です。

今後、ますます少子・高齢化が進展するとともに、一人暮らしの高齢者の増加が見込まれる中で、

介護の仕事に従事する人材を確保することと、介護サービスの質の確保・向上を図ることが重要な課題となっています。

介護職員の求人としては非常勤・パートなど幅広い求人があります。

このように介護職員は不足しており、幅広く求人があるのが現状である。

今後、日本は高齢化社会がますます進み、2015年頃には日本の人口における65歳以上の割合が、

約25%に、2040年頃には約30%にも達すると推定されています。

このため、今後も介護求人の需要は高位で安定すると見られています。

その介護職ですが、ひとくちに介護職といっても、働く場所はさまざまです。

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、老人デイサービスセンター、グループホーム、

身体障害者療護施設などの介護福祉施設、病院などの医療機関、この他に利用者の自宅を訪問してサービスを行う、

訪問介護もあります。

介護に関わる職種は多数ありますが、そのなかで訪問介護に関わる職種の中心といえるのが、ホームヘルパー、

ケアマネージャー、サービス提供責任者の3つです。まず、ホームヘルパーですが、一般的に介護職とイメージされる業務、

家事援助、身体介護、相談助言の3つが主な業務内容です。次にケアマネージャーですが、

正式には介護支援専門員と言い、介護保険法で定められている公的資格でもあります。

主な業務内容はケアプランを作成することです。専門職であることと、

資格を取得する条件が高いため、介護求人のなかでも需要が高い職種です。

サービス提供責任者はケアマネージャーが作成したケアプランに従い、訪問介護計画書を作成することと、

ヘルパーの指導、管理が主な役割です。いわば管理職で、訪問介護のコーディネート業務全般に携わります。

そのため、サービス提供責任者も、介護求人の需要は高い職種です。

日本は急激に高齢化社会が進んでいて、もっとも人材不足が深刻な分野が介護求人の分野です。

就職難の中でも介護求人の需要は年毎に高まっています。

しかし介護の仕事を始めるためには、資格がなければ勤務できない仕事もあります。

介護関連の仕事に就職するために求められる資格のうち、特に人気の高いのがホームヘルパー2級、介護福祉士、

介護支援専門員(ケアマネージャー)です。ホームヘルパー2級は、

介護の仕事を行っていくうえで必要な基礎知識を得るために不可欠なもので、

介護の仕事を始めるには取っておいた方が良い資格です。要支援・要介護に認定された人のケアを行うのが仕事です。

デイサービスセンター、老人介護施設、老人ホームなどに勤めたり、介護を受ける人の家庭を訪問して、

身体介護を行います。主な仕事は食事・排泄・入浴・清掃の手伝いなどで、その他精神的ケアも行います。

介護福祉士はホームヘルパー2級と比べて、専門性が高く、専門知識を活かして、病院、介護施設、障害者施設などで、

精神上の障害で日常生活を送るのに困難な方の手助けも行います。

介護支援専門員は、仕事をするには、介護支援専門員の資格がなければなりません。

介護支援専門員は、要支援・要介護者それぞれに適した介護サービス計画書を作成し、

それを実施するために必要な関係機関との連絡・調整業務を行い、サービスが計画書通りに実施されているか、

改善点はないかなどを確認するのが仕事です。今後も介護求人は増えていくでしょう。

介護求人の案件も相当多いようです。それだけ介護を希望する人が多いのでしょうか。

介護求人に応募するといっても簡単に介護ができる訳ではありません。

介護に関する知識と豊富な経験がないと無理だと思います。介護するにも介護する人の気持ちがとても重要な気がします。

生半可な気持ちでいてはできないし、自分の気持ちを抑えなければいけない時も多いのではないかと思います。

介護求人に対して応募できる介護士はたりているのでしょうか。

もし、不足しているのであれば何らかの対策を国や地方自治体などで考えていかないといけないのではないでしょうか。

介護求人の基礎知識について考えてみます。基礎知識といっても一つしかなくて、

非公開の案件に好条件の仕事が多いということだけです。まずは非公開の案件を一つづつ当ってみるのがいいかもしれません。

介護士の男女の比率は、どうなのでしょうか。介護の仕事は力の必要な時が多そうなので男性の方のほうがいいのかと思いまずが、

優しさが感じられるのは女性のほうが多いかもしれません。私は男性なので介護が必要になった時は女性の方にお願いしたいと思います。

以前に家の側でお風呂を持った3人の介護士を何度か見かけましたがお風呂に入れに来ているのでしょう。

何人かで一人の介護人に対応する方法もいいかもしれません。

お互いに協力しあうことができれば気持ち的に楽に介護の仕事ができそうな気がします。

良い考えだと、思いませんか。

看護師所謂正看は、看護高等学校や看護専門学校や看護短大や大学などの養成教育を受けた後卒業すると、

看護師国家試験の受験資格を与えられます。卒業見込みの段階で国家試験を受験できることはできるのですが、

最終的にその年度で卒業できないと試験で合格していても不合格と扱われてしまいます。

国家試験に合格し、申請することにより厚生労働大臣から看護師免許が交付されることにより、看護師として活動可能となるのです。

准看護師所謂准看は、准看護師学校や看護高等学校を卒業した後、都道府県知事試験から受験資格が与えられます。

そして知事試験に合格することによって都道府県知事からの准看護師免許が与えらます。

准看護師はもともとは戦後の看護師不足に対応するための暫定的措置と言えるようです。

日本看護協会准看護師制度の廃止を希望していますが、日本医師会などの要望もなどもあり検討段階にあります。

正看護師に転職するためには、高校卒業後、法律で定められた養成所に於いて三年以上勉強した後、

国家試験受験資格を取得して、国家試験に合格して免許を交付される必要があります。

准看護師から看護師に進むこともできます。昼間なら二年間、定時制なら三年間の勉強の後、国家試験受験資格を得ることができます。

介護求人、看護師になるには、この方法しかありません。今は四年制の看護大学などがあります。

介護求人は、介護人が不足している為、多数あります。社会人を経験した後看護師を目指す方も少なくありません。介護求人には、明確な年齢制限が無ものが多いのです。

最近、求人情報誌や求人サイトを見ると医療・介護求人が多い事がわかります。

求人情報誌では医療・介護の特集をしたり、求人サイトでは医療・介護求人専用サイトが多数あります。

介護求人の職種について調べました。

「介護スタッフ」とは医療施設や福祉施設において身体の介護をする人の事をいい、

介護職員・ケアワーカー・ヘルパーなど呼び名もさまざまです。

主なお仕事は食事・排泄・入浴の介助や環境整備など入居者の心理的ケアも行なう。

「ホームヘルパー」とは要介護認定の高齢者や障害者のケアを行なう事をいい、

施設勤務もありますが利用者宅を訪問して日常生活に必要な家事全般のお手伝いをするのが多いお仕事です。

勤務形態も短時間の巡回型(数回/1日)と滞在型(数時間/1日)があります。

「ケアマネージャー」とは介護保険サービスを利用しようとする人と面談して利用者に適し計画書を作成したり、

関係機関との連絡・調整したり、きちんと計画通りに介護サービスが提供されているのか・

改善点はないかどうかなど利用者に確認しながら、利用者が快適にサービスを受けられるべくフォローしていくのが主なお仕事です。

「福祉サービス提供責任者」とは訪問介護施設の利用申し込みの受付・調整・ケアマネージャーとの連絡役や

訪問介護計画書作成・訪問介護員の技術指導も行ないます。

「生活相談員」とは直接の介護機会は少ないですが、利用者や家族からの相談も聞きます。

主なお仕事は、施設入所の対応・手続きのほか各種行事などの立案・預かり金の管理など

施設運営のすべてを管理するマネージャーのような役割が特徴です。

「作業療法士」とは障害のある人や今後障害が予測される人に、手先を使って行なう手作業や絵画などの創作活動や

日常生活活動を通じて、身体・心身の機能回復・維持のための能力回復訓練を行ないます。

「理学療法士」とは医師の指導をもと、起きる・立つ・歩くなどの動作能力回復のリハビリテーションをします。

これには、筋肉の強化のための運動療法と電気治療などの物理療法があります。

また「介護スタッフ」「ホームヘルパー」「福祉サービス提供責任者」はホームヘルパー2級・介護福祉士、

「ケアマネージャー」は介護支援専門員(必須)、「生活相談員」は社会福祉主事(必須)・社会福祉士、

「作業療法士」は作業療法士(必須)、「理学療法士」は理学療法士(必須)の資格が必要のようです。

これだけの職種が介護求人にはありますが、介護職に関わる人はどんな職種であっても

求められるものは利用者や家族に対する細やかな心遣いです。

“介護求人を選択する場合には、ポイントとなる点が2つほどあると一般的に考えられています。

ではそのポイントとは具体的にはどんなポイントでしょうか。以下に、その2つのポイントについて紹介していこうと思います。

そしてこれら2つのポイントを充分に比較したうえで、介護求人は選ぶようにしたいと思います。

まず挙げられるのが、その介護求人が自分の生活のスタイルに本当に合っているかについてよく検討しておくということです。

人のために働きたい気持ちは大切な事だと思います、介護のような仕事で働きたいと思っているような人は、

その思いはさらに強いものなのでしょう。しかし例えこのような思いが強かったとしても、

就いた仕事先が自分の生活のスタイルに合っていなければ、その仕事はやはり長続きはしにくいものです。

そして次のポイントで挙げられるのが、実際にその介護施設で働いている自分の姿をしっかりと思い浮かべる事が出来るかという事です。

求人誌にはよく綺麗な職場、元気なスタッフというような職場へ多くの求人を誘うための、

うまい誘いの文章が並んでいる事があるのですが、その言葉を信じて実際に職場に行ってみると想像していたような所と全然違っていた、

という事があります。そうならないように、やはりその職場やスタッフの雰囲気を映した写真、

つまりビジュアルを事前にチェックしておくのは1つの有効な手段といえます。

またその職場で既に働いているスタッフの現場の声も、その職場の雰囲気を知るうえで助けとなることでしょう。